--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.04.12 16:41|手作りコスメの話
10代後半、まったく肌のお手入れをしていなかったため、ひどいアトピーになりました。

今思うと、
花粉やホコリなどの刺激にさらされまくったためじゃないかと思います。

そこからいわゆる無添加化粧品メーカーの基礎化粧品でお手入れしていたのですが
いつの頃からか自分で作るようになりました。

それが子育ての忙しさから
手を抜き始め

今やほぼなにもしない日々。


女子力崩壊です。


さて、
では私の一日のスキンケアの流れをご紹介します。


【朝】
軽く顔を水で洗うと
ほっぺにクレイを叩くだけ。

眉毛は描きます。

【夜】
お風呂で顔を洗います。
それだけ。



シミもありますし
小じわも増えたし
張りもないし
くすんでるし。

ただ確実に言えるのは
念入りにケアしてたころみたいに
お肌が粉を吹くことがなくなりました。

乾燥はグリセリンが作るというけれど
本当のことだな。

無防備なくせして
アトピーが顔に出ることはなくなりました。

面の皮も
守ってもらえないとタフになるしかなく。


夏の紫外線は
ホホバとラズベリーシードオイルで乗りきり
シミは確かに増えました。
でも単なる加齢のせいかもしれない。

氣にならなくもなってきて。


スキンケア
やめた宣言。

してみました。

スポンサーサイト
2017.02.22 10:52|手作りコスメの話
blogを遡ってみれば
何年前かの私も
酒粕化粧水作ってました。

酒粕を水に入れ
振るだけ。

水に溶けた成分だけを使います。

沈澱したのはパックにしてもよいのです。


香りも好き。

精油など入れませんから
ただただ甘いお米の香りがします。


けれど
使いきると
そこでしばらく途切れる。

混ぜるだけなのに。ね。

仕方ないから
クリームだけで済ませたりすると
違いは歴然。


肌はしっとりすれど
ふっくらはしないのだものね。


化粧水、要ります。



簡単なのに
昨晩は作らなかった。

その理由は
「水分、なににしようかな」
でした。

水道水は嫌だな。
ハーブティにする?
でも日持ちしないのよね。


そこで止めてしまったのだな。

瓶まで用意したのに。


よし。

決めてあげる。


水分は
水分は、

えーーーと。
2016.11.24 11:47|手作りコスメの話
キッチンコスメってご存じですか?

お台所にある材料で作るスキンケアのこと。

すべて食品から作りますから

手軽ですし口に入れても安全

お肌の状態にあわせて調合できますし

思い付いたときに作れます。


とはいえ
市販品のがっつりケア感には劣ります。

日持ちもしないし。

作り続けるのが面倒。。。



ところが葛コスメ。

簡単すぎる。

しかもお肌ももっちり。

チンキを入れたからか一週間常温放置もクリアしました。






葛粉を入れすぎたら
半分取り分けて食べることもできます←事実半量は葛練りに(笑)

すぐれもの⭐

他にも葛には
整腸作用もありますし
身体を温める働きもあり
風邪のときのお手当てにも使えるのです。


腸が整うと
お肌もきれいになりますしね。

葛パワーすごすぎ。


そうして葛ブームはつづきます。。。❤




⭐これからのハナノネ工房⭐

12月11日(日) 第三回京都アグニ魔女会
12月15日(木)“クリスマスのかおり”冬のアロマテラピー講座




2016.11.22 05:57|手作りコスメの話
「葛粉でルースパウダーを作る」とお友だちがメッセージをくれました。

え?!クレイだけじゃなく葛粉もお肌に使えるの?!



その日のうちに調べて作りました。
ルースパウダーじゃなく化粧水(笑)
美白のドクダミエキス配合です。

使いはじめて一週間。

お肌のちりめん皺が
かなり目立たなくなりました。

夜はベタベタになるくらい保湿して
セイタカアワダチソウクリームでカバーして寝てますから。

朝はふっくらもちもち。

氣持ちよいから
ついついほっぺをぷにぷに摘まんでしまいます。


夫にも
「ほら!!ほっぺた触ってみて!!」
と誉めを強要。

あ、いい夫婦の日でしたね。

お後がよろしいようで(笑)

次は葛のパックを作る予定。
葛フィーバーは続く。。。⭐








⭐これからのハナノネ工房⭐

12月11日(日) 第三回京都アグニ魔女会
12月15日(木)“クリスマスのかおり”冬のアロマテラピー講座




2016.09.14 12:56|手作りコスメの話
近頃お氣にいりのお塩。


姉が誕生日にプレゼントしてくれたものです。


還元力が高いのだそうで
体内の活性酸素を瞬時にリセットしてくれる、のだとか。




なによりこの硫黄系のお味が大好き。


お茶に入れたり
お白湯に入れたりすると
水分だけの時より
すっと体に馴染むような氣もして
今年の夏はよく飲みました。

涼しくなって少し減りましたが、
やっぱりおいしい。


この浸透ぐあい、お肌にも効果あるんじゃない?

という思いを押さえきれず
今朝は化粧水に入れてみました。



塩ハチミツ化粧水。



どこまでいくのだ、りりさん。。。。(笑)


近頃

「アロマの化粧水でシミが消えた」
「クレイでシミが薄くなった」

なんて声をいろんなところで小耳にはさみ

「実験ばかりしてたらあきません」
「ほんきださなあきまへん」

正直そう思うんですけどね。


でももう少し塩を極めてみたい氣もする。


効果のほどをしばらく観察してみます。
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。