FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.12.08 18:36|トラブルの対処法
頻尿以外の症状は消え
このまんま松の葉風呂とヨモギ酒で乗りきれそうです。

ただ
膀胱炎に限らず
便秘といい
踵のガサガサといい
アトピーといい
根本にどっかと居座っている冷えをなんとかしたいもの。

食べ物だけで変わるような単純なものでないようにも思え
多角的に少しずつアプローチして
改善を目指します。


青竹踏みでしょ
ショウガでしょ
腹巻きでしょ
根菜でしょ
松の葉風呂。
精油で足裏マッサージ。


さあて、どれから?
スポンサーサイト
2017.12.01 08:21|トラブルの対処法
人生で一度だけバリウムを飲んだことがあり
私はその後激しい便秘に悩まされました。

体調もなんだかわからないけどおかしくなり
「バリウムは飲み物じゃない」
と悟りました。

以来飲んでいません。というのが本日のお題ではなく。

便秘になりました。


常食していた分づき米を白米に変えたことが原因なのかと様子を見ていたのですが
雑穀を混ぜても変わらず。
野菜不足もあるのでしょうか。


便秘って辛いですね。


お腹が常に重く
痛みにトイレへかけこんでも排出は微々たるもの。

「ああ、これが便秘なのだ」
と思い知らされました。


これまでが健康的な腸してたんだな。
何処に行っちまったんだ善玉菌。。。。


人それぞれ排便を促されるポイントというものはあるでしょう。

本屋さん、という声をよく耳にしますが
私の場合はミルクティです。

今朝は掃除するつもりでしたが
なんとかせねばと便様のご機嫌を伺うべく
のんびりこたつで紅茶を飲んでみております。


だめなら週末は本屋さん巡りをしよう。
精油でマッサージってのも試してみよう。




さて。
2017.09.28 07:56|トラブルの対処法
数日前のこと。

夫の特大イビキで目が覚めました。
過去最高の騒音。
合間に呼吸も止まります。

死なれては困る。

声をかけるとあっさり目を覚まし
口に医療用テープを貼るとすぐに寝てしまいました。


夫はどんな状況でも
数秒後には眠れる男です。

口テープのおかげで
スースー静かになりました。

鼻詰まりでもないのにイビキをかくあなた。
お試しあれ。
2017.08.03 12:45|トラブルの対処法
酷かった手荒れに悩み、
ステロイドに手を出した話を書きましたが、
その後の状態はというと

簡単なことで治まりつつあります。


治まる、というのは、
『皮膚が割れて家事をするのが嫌になる』
『痒みの発作が始まると血が出るほど掻きむしるまで止まらない』
という状態から解放されることを指します。


例えば、健康的なものを食べ、生活をし、健やかな体になったらアトピー性の問題は完治するのかもしれませんが
そうすることに無理が生じると
結局症状を引き起こす要因にもなりうるわけで。


様々な経験ののち
私にはむかないのがよーくわかりまして。


今は“共存”という形をとっております。


で、今回そんな湿疹を簡単に治してくれたのは

『お皿を洗うとき手袋をはめること』

でした。

今まで、ゴム手袋をすると蒸れて更なる痒みを誘発すると思い込んでいたのですが
そうじゃなかった。

お医者さんのアドバイス通り
綿の手袋の上にゴム手袋をしても蒸れませんでした。

それでも蒸れたら綿の手袋の指先を切り落とすとよいそうなのですが
そうしなくとも大丈夫。

もちろん同時に
例の軟膏は塗りたくっております。

皮膚を治すのが得意な精油たちがたっぷり入っているので表面は修復され
落ち着きを取り戻しつつあります。



(これは作成中)


アトピーとは別に
痒みを引き起こす様々な要因というものがある。
要因を減らし
同時に皮膚を修復することで
辛い症状は改善されつつある。

今回の湿疹も
ちょうどよい治し加減に着地できそうです。



みんな、治したがりすぎ
みんな、症状だしたがりすぎ


自分にとってちょうどいいところを
探してみたらよいのに。


健康の完成形は
ひとりひとり違っていいのにね。

てことで、
おにぎり握れる日も近いです。
2017.03.17 23:10|トラブルの対処法
息子のこと。



彫刻刀で刺したのだそうで
心配そうに私のところにやってきました。


みたところ大したことはない。

角刀のVの字に
血が滲んでいる程度です。

この程度ならなんにもしなくて良さそうなのに
それでは氣が済まない様子。



実は痛さ以上に彼は

「この傷はどの程度なのか」

がわからず不安なのです。

「このまま血が止まらないの?」
「深いところまで切ったの?」

私の“大丈夫”という言葉だけでは
氣はおさまりません。


そんなときは
お手当てしてあげます。


まずはヨモギチンキを不織布に染ませ、
傷口を押さえさせます。
(ヨモギ※止血作用と殺菌と抗炎症作用だけでなく氣を鎮める働きもあるのです)

しばらくして出血が治まってからクレイ軟膏をコンモリ盛って絆創膏を貼らせました。


そしたら納得したみたい。


「次は軍手をはめて削るわ」

とのことで木工作業続行です。




まあ言うなれば

『いたいのいたいのとんでいけ!』

の大きい子バージョン。


もちろん傷の治りをサポートするものばかりですから
いつか彼も誰かにしてあげるかもしれません。


そうだと嬉しい。


こんなことで助けを求めるのも
そろそろ終わりかな?

家にいるからあまえるのでしょうね。


それもまたよし。
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。