FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.29 21:42|日々の話
春から息子は一年生です。

息子の担任は、若い男の先生です。

この先生のお話が面白く、会うたびにこの先生で良かった!と嬉しくなります。
面白い、と言っても、笑っちゃうようなお話ではなく、
物事をとても深く広く向き合おうとする氣持ちが伝わってきて、
この人ってすごいなぁ、と、わくわくするような面白さです。

中でもお気に入りは“知ってる坊や”のお話。
母たちのお勉強の際、登場しました。

 今からお勉強するお話が、たとえすでに知っているお話だとしても、
 “知ってる坊や”が『知ってる!知ってる!』と言って扉を閉じてしまわないように。
 新しい気持ちで聞いてください。

私は『知ってる!』と心を閉じてしまい、
新しい世界の扉を開けることが出来ないことがよくあります。

進めば進むほど、どうして私は閉じていくのだろうかと不思議に感じていたのですが、
その理由の一つを教えてもらった気がしました。
でも、坊やの閉じ癖はなかなか治らないのですが。


さて、今日はプレスクールの日。
息子が初めて先生に会い、クラスで数時間を過ごす日でした。

人見知り場所見知りの息子も、同じ幼稚園のお友達が多くリラックスした気持ちで過ごせたようです。
帰宅後、彼の口から出る先生のお話は、やはり面白く、母も共に幸せな気分を味わうことができました。

清らかなものに触れると、自分まで清らかでいたくなるから不思議なものです。
本来の自分を、久しぶりに取り戻し、とても穏やかな気分です。
ここ一カ月、何がしたいか、どこへ行きたいか、まるで見失っていましたが、ようやく復活の光を見つけた、気がしました。

春からは、スローダウンな毎日です。

今までのように自由が利かなくなり、送り迎えと家での時間で一日が過ぎることになります。

自分を、
日々の生活を、
すでにあるものを、
深くみつめたいとずっと思い続けながらも実行できずにいましたが、
ようやく否が応でも向き合わざるを得ない生活が始まりそうです。


新しい春になりそうです。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。