--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.30 23:39|日々の話
京都は歩きます。
適当でも大丈夫。
方角さえわかっていれば必ず到着できる。
それが京都です。

今日は息子を連れて、
下賀茂神社の側にあるアレルギー科の診療所へ行ってきました。
息子に引き続き、今回は私の湿疹を診てもらいます。
ここの特徴は、診察にオーリングを使うこと。

見れば見るほど不思議で楽しいオーリング。
私の指を触る前に、先生の中には答えが出ているのが不思議です。

胸のジュクジュク湿疹は、卵が原因。
卵だけが原因。
というお話でした。
そろそろ腹くくらねばなりません。
完全卵断ち。
ゴールデンウィーク明けでもいいか。
湿疹歴の長さ故に辛さもマヒしており、真剣みに欠けています。
おかげでなかなか改善されません。
でもなぁ、そろそろやりましょう。

診療は昼前にようやく終了し、さて、お昼御飯です。

パンでも買って河原で食べたい。
良いお天気だしね。

ところが、香料アレルギー、発色剤アレルギーの息子。
パン屋さんは数あれど、普通のお店では買えないものも多いのです。
だって、甘いパンには香料が入ってそうだし、
甘くないパンにはソーセージやらベーコンなどが入っています。
卵や乳製品と違い、店員さんに聞いてもおそらくわからないだろうし、聞きにくいのです。

出かける前に調べたのですが、一乗寺には安心素材のパン屋さんがあります。
診療所からだと、歩いても知れている、気がする。
と、息子をだましだまししながら、二人でだらだら歩きました。

途中、お腹が空いて我慢が出来ず息子が不機嫌になりだしたため、
良さげな普通のパン屋さんに入ってみました。

ハード系のパンだったり味気ないパンだったら大丈夫そうなのですが、
他のパンは無理そう。
楽しく食べ歩き出来息子でもOK、そんな要望にこたえるパンはあんパン以外一つしかなく、
カリカリチーズのパン42円を二本を選びました。
二人カリカリさせつつ、一路一乗寺へ。

その後迷いながらも30分ほど?もっと?かかって、一乗寺のお店『こせちゃ』に無事到着。
やはり京都は裏切りません。
ありがとうー。

お腹が空いてはいましたが、買いすぎは禁物。
一人二つずつ、と決めて買いました。

 どれ選んでもいいよ。

そう言えるのが嬉しかったです。

息子はリンゴパンとココアメロンパン。
私はピーナッツクリームパンとお豆の蒸しパン。
そして二人で半分個用にくるみアンパンを買いました。

お店を出て十歩ほど歩き、
どこで食べるの?と息子が聞いてくる前に、くるみアンパンをちぎる母。
すでに二人、買い食い小学生状態。
道々ハトやアリに大判ぶるまいしながら、近くの公園へ向かうのでした。

たまにはお行儀悪いのも素敵だなぁ。
と思った春の日でした。

帰宅後、風邪が悪化していることに気づき、爆睡。
おかげでなかなか眠れません。
でもそろそろお布団に戻ります。

おやすみなさい。
スポンサーサイト
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。