FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.31 09:17|薬草の話
「足元にも生えてるじゃない」

そう思ったのはハーブのお勉強をしていたころ。


ペンペン草もスギナも英国ではメディカルハーブと知った時の感想です。

他にもセイタカアワダチソウだったりハコベだったりのおなじみの植物にも薬効があり
彼の地のハーバリストさんたちはハーブとして使っている。

ところが、それをハーブとして取り寄せようとするとお値段も高く、輸入となると当然品質も落ちるわけで。

庭先の草を使ったらよいんじゃないの?
薬草の世界に踏み込んだ最初の一歩はそんな思いからです。

確かに緑生い茂る庭をようく見れば
薬草っぽいものがたくさん生えている。
けれど本を片手に採取したところで、
自信を持って摘めるのはドクダミとスギナ程度。

お茶?お風呂?ほんとその程度の活用しか出来ない自分が情けなく一念発起

先月より
阿蘇ハーブファクトリーで行われる薬草夏季集中講座に参加しております。



受講し 改めて見てみれば
我が家の庭は薬草の宝庫でした。


スギナ、ドクダミ、ツワブキ、カキドオシ、オオバコ、ハハコグサなどなど
まだまだ沢山の薬草が暮らして(?)います。


ここは昔の人にとって薬箱だったんだ、と確信。
面白すぎて胸の高まりが止まりません。



後半の部を受講しに、また阿蘇へ向かいます。

再び素敵なお話と阿蘇のエネルギーを吸収できる。

私の夏休みはまだまだ続きます。

家族のおかげ。
ありがとう。
スポンサーサイト
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。