--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.11.30 22:41|アロマテラピーの話
息子と歌ったり洗濯物をたたんだりと
なんだか楽しい夜でした。

タンポポコーヒーを淹れると
これがまたおいしくて。

反動なのか
「おやすみなさい」のあとで
一人部屋にこもると
ひさしぶり心がしんと落ち着いてきました。

瞑想するには理由が要るらしく
近頃うまく入り込めなかったのですが
今なら深いところまで入り込めそう。

・・・・どうせならなにか香りで瞑想しようか。


前に置いていたユーカリの瓶を手に取りました。



希釈せず
なので手にも取らず
ただ蓋を開けて深呼吸。

鼻から喉元を通り肺まで
フレッシュな空氣で満たされます。

子どもの頃感じた冬の朝みたい。
吸い込んだ空氣が冷たくて
からだの中がきれいになるようなあの感じです。

大人になるとあんな風に肺まで深く吸い込まなくなるものだから
懐かしくてしばしゆっくりと
深呼吸を繰り返しました。


そうしてユーカリの木を思います。

大きな大きな木は天まで伸びるよう。
葉っぱで呼吸して外に感情を出してゆく。
すると地面の深いところから
行動する意欲が湧いてくる。

さあ、吐き出そう。
さあ、進もう。

ユーカリは胸の高鳴りを呼びおこす力があるのかな。

ドキドキしながら醒めました。

木はいいな。
自由。

動かなくても天も地も知っている。

そんなことをおもいました。

今日のユーカリはドテラ社のラジアタでした。


スポンサーサイト
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。