FC2ブログ

ときめきが春を

2018.01.20 09:02|庭草ハーブの話

先日、なんのSNSか失念しましたが
糸島の方がヨモギの軟膏を作るワークショップの告知をされていました。
この時期の新芽を使ったきれいなグリーンの軟膏です。




なるほど、お庭にはヨモギが顔を出し始めています。(画像は昨年のヨモギです)

まだ双葉程度の幼子ですが
たくましい生命力を持つヨモギが
すごい勢いで繁殖していくのは時間の問題。
新芽を摘まれたくらいなんのダメージにもなりません。


『私ならどんなレシピにするか』

以来考えるのはそのことばかり。

春は草の成長が早く
急き立てられるようになりがち。
寒いこの時期にじっくりと草のことを想うと
こもり氣味の心にやわらかい光が射し込むようです。


鮮やかな葉をごりごりとすりつぶしたとして、
そこに油を注ぐかどうするか。

軟膏というのは水分を加えないクリームを指しますが
できれば親油性の成分だけでなく
水溶性の成分も添加したい。

チンキを加えてもよいけれど
あの鮮やかなグリーンは抽出したい。

浸出油にカビを生やしたことがあり
油だけで作るのは少し心配。


等々延々考え
「ああ、ウルトラ抽出か」
とようやく閃き少し落ち着いたところです。

すりつぶしたヨモギにアルコールを注ぎ
水溶性成分を浸出させてから油で抽出するのがウルトラ抽出法と呼ばれる方法です。

ただアルコールの度数によって抽出される成分は異なります。
ヨモギの鎮静作用は?抗炎症作用は?止血作用は?皮膚組織修復作用は?なんの成分に含まれるのだろう。
100に近い度数のアルコールを使うと
何が抽出されるのだろう。

考え始めると止まりません。

やはりチンキも入れとこうか。

そんな感じでレシピは完成。
あとは若葉の成長を待つだけです。

あの鮮やかなグリーンを思うと
浮き立つような春の記憶がよみがえります。

またやってくるんですね。

コメント

非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房