走ることの効能

2017.02.02 08:46|日々の話
朝、8時前には家を出る。
そんな日々が始まりました。

期間限定ですが、バス停までアプリいわく徒歩10分の距離を小走りします。

軽く走って10分ですが?
Google mapさん、競歩の達人か?


走るのは田んぼ道です。

畑もある。

昨日は葉っぱが
アイスクリームのように白くなり
それはそれは美しい上々の朝でした。


走る、ということに
辛い印象しかなかった。

こんなに楽しいものとは
知りませんでした。

走るたび、
むねいっぱいに喜びが溢れてくる。

なんでしょうか。

空を見てとにかくいろんなものに感謝したくなり
今日も笑いながら駆けてきました。

軽く身体を弾ませる行為は
ウキウキとした感情を沸き上がらせるのかしら。


新鮮な空氣が
頭に胸に拡がり
氣も血も巡るのかしら。


すると夫から富士山の写真が。



どーこだ?(笑)小さい(笑)


先日
近くに住むお友だちから
ご主人が朝走ってらっしゃるという話を聞きました。

甘南備山→月読神社→龍王の森→天神社。
我が家の回りのパワースポット巡りです。それは。
しかもすごい距離。

それを出張帰りの朝に?
すごすぎる。

でも楽しい行為なのだ、と今は想像できる。
絶対に楽しい。
氣持ちいい。

いつも穏やかでにこにこされてるその秘訣は
走ることなのかもしれない。


走り出すには精神力がいる。
でも走り出したらあとは自由にしたらいいのだ。

どこまででも
何分でも
自分次第で走ったらいいのだな。


10分でもいい。

なるべく遅刻ぎみで家を出ようか。なんて(笑)


さあ、今日も。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房