健康の完成形

2017.08.03 12:45|トラブルの対処法
酷かった手荒れに悩み、
ステロイドに手を出した話を書きましたが、
その後の状態はというと

簡単なことで治まりつつあります。


治まる、というのは、
『皮膚が割れて家事をするのが嫌になる』
『痒みの発作が始まると血が出るほど掻きむしるまで止まらない』
という状態から解放されることを指します。


例えば、健康的なものを食べ、生活をし、健やかな体になったらアトピー性の問題は完治するのかもしれませんが
そうすることに無理が生じると
結局症状を引き起こす要因にもなりうるわけで。


様々な経験ののち
私にはむかないのがよーくわかりまして。


今は“共存”という形をとっております。


で、今回そんな湿疹を簡単に治してくれたのは

『お皿を洗うとき手袋をはめること』

でした。

今まで、ゴム手袋をすると蒸れて更なる痒みを誘発すると思い込んでいたのですが
そうじゃなかった。

お医者さんのアドバイス通り
綿の手袋の上にゴム手袋をしても蒸れませんでした。

それでも蒸れたら綿の手袋の指先を切り落とすとよいそうなのですが
そうしなくとも大丈夫。

もちろん同時に
例の軟膏は塗りたくっております。

皮膚を治すのが得意な精油たちがたっぷり入っているので表面は修復され
落ち着きを取り戻しつつあります。



(これは作成中)


アトピーとは別に
痒みを引き起こす様々な要因というものがある。
要因を減らし
同時に皮膚を修復することで
辛い症状は改善されつつある。

今回の湿疹も
ちょうどよい治し加減に着地できそうです。



みんな、治したがりすぎ
みんな、症状だしたがりすぎ


自分にとってちょうどいいところを
探してみたらよいのに。


健康の完成形は
ひとりひとり違っていいのにね。

てことで、
おにぎり握れる日も近いです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房