FC2ブログ

薬を選ぶ

2017.11.18 09:05|薬草の話
薬の癒しってありますよね。

市販薬でも
処方される薬でも
自然療法の薬でも。

安心させる力がある。
この力が大きな治癒力を生む。

何でできてるものがよくて
これはだめ、
という考え方もあるけれど

安心力を引き出せるものを摂取することが
なにより大事なのかなと近頃思うのです。


今の自分にとって一番安心感をくれるのはどの薬か。


自分に尋ねることが大事。


時々、
なにがなんでも自然療法で!という強い意思をお持ちの方がいらっしゃり
揺るぎ無い姿が眩しく思えたりするのですが。

この“なにがなんでも!”に苦しんでいる方もいらっしゃるんですよね。
私もそうだった。
うんうん。


でも。

いつからか、“人間が作ったんだから薬も自然なものなのに。”と思うようになりました。

自然が産み出したものなんだから自然の一部。

私はそんな風に考えています。


不調になったとき
自然療法と同じラインに普通の薬剤も並んでおり
今の自分にとって一番必要なものを選びます。


私が愛用しているオーストリアの会社イーコンセプションの福島さんが、blogでこんな言葉を紹介されていました。


人が手を加えたものが劣るって、誰が言いましたか?
人工がいけないことで、自然が正しいって、誰が言いましたか?

この地球では人が手を加えることによって、たくさんのものが進化してきましたよ。

それも地球の進化の一部です。

人間も地球、自然の一部です。

未来を創造していくのは、あなたたち人間です。

自然が人工より優れているとか、そんな信念は不要ですよ。
すべてを受け入れて、前に進んでください。



これは梨のお花の精の言葉だそう。


人工的に作られ
人の手で育てられた植物からフラワーエッセンスを作るってどうなの?

そんな疑問への答えなのですって。


自然もそんな風に考えているんですね。




結局自然療法って
自分との対話法であるべき。

今、自分を一番癒すものはなにか
自分に聞いて自分で選ぶこと。

それを怠ると
なにかのいいなりになる。


その“なにか”が西洋医学だと問題で
自然療法だと許される、というもでもないのではないでしょうか。


ということで。

遠ざかっていた自然療法の学びに
再び戻りつつあります(笑)




薬の選択肢を増やすためです。


本の言葉も
新鮮に響きます。

コメント

非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房