暮らすように旅したい

2017.12.17 16:13|日々の話
「台風の日に外を歩いてたら、タクシーの運転手さんに心配され、無料でホテルまで送ってくれた。」

昨晩
友人から聞かされていた沖縄の話を
思い出してしまいました。

なにせものすごい強風。

台風など来ていないのに
現地中継で見られるようにしなるヤシの木と
足を浮かせばそのまま飛んでいくのではないかと不安になるような強い風。

知らない場所にきてるんだ!と強烈に感じた瞬間でした。



今回で沖縄は三度目。

家人が南国に住みたいなどというもので
暮らすということを意識していたのでしょう、
自然や文化だけでなく
現地の人たちの日常をあらゆる場面で想像してしまいました。

なにせコンビニのチェーンの名前がついたお弁当が
とてもローカルなお味。
ご当地メニューとは一線を画した、
現地の会社が現地の野菜(と思われる大根葉が刻んでご飯の上に乗っていた)を使ったお味も優しいコンビニ弁当でした。


ここで生きていく。

そういう目で見てみると、本島と同じ意識では生きてゆけないでしょう。

島の内と外。

ここまで違うものだとは知りませんでした。


あれこれ想像するうち
島の人の中に大きな共通意識が見えてきて
しみじみ私はよそ者なのだと思えてきました。

どうもお邪魔いたしました。


次回はもっと暮らすように旅してみたいです。

もっともっと草も知りたいな。

旅の形も
変化させてゆこうか。

コメント

非公開コメント

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房