雷ふたつ

2017.12.22 10:10|不思議の話
未来創造プログラム課題ひとつ目。

簡単なことなのに
つまづいてしまいました。

自分のやってきたことに
価値を見いだせず
どれも大したことないという感情しか沸き上がりません。

新月の次は冬至のせいにしようと目論んでいたところでした。

けれど今日になり
劇的な進展がありました。



仕事中に私の脳天から真ん中をズバッと稲妻が
おちたのです。

次の仕事の準備の途中、
「大したことないと思うのは他の何かと比較しているからだ」という記事が目につきました。

答えがそのまんま書かれている。

涙が出るほど
けれど静かに静かに興奮したのでした。


もう一つの雷は
「私のやるべきこと」。

上司に頼まれた書類のチェックがなかなか進まず
恐らくそれを待っていた上司は
予想外に時間がかかったことで
書類は持たずに出掛けたのですが
上司がいなくなったとたん
理解できなくて何度も読み返していた文書の
すべてが理解できました。
作業も数分で完了。


それはとても不思議なことでした。

どこがわからなかったのか
それすらわからないほど
私の中のなにかが
カチッと切り替わったのです。


もしかして
この書類は今日は渡さない方がよかったのではない?

だから
上司が待ってる間私の作業は進まなかった。
そういう仕事を担うために
私はぼんやりした人間なのかもしれない。

私のうっかりは
私にしか出来ない神様の用事を頼まれるためにあるのかもしれない。

ね、すごい勝手な解釈。

でも、私はこの勝手なひらめきを指示します。

もしかしたら
この私のすべてに意味があるのかもしれない。

もっとこうすれば
あのときああすれば
後悔なんて意味がないのだ。

ただ事実を受け入れたらよかったのだ。

仕事中、神の啓示を受けたかのように
とにかくハッとしたのでした。


そういうわけで?
自分としてはえらく納得ができ
無事課題通過。

さあ、次は何が待っているのか。

冬至を過ぎると
日に日に光が増してゆき
私は春を目指してゆきます。

コメント

非公開コメント

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールはこちら

最新記事

目次

月別アーカイブ

by ハナノネ工房